ペットとの暮らし方

マナーについて

こんにちは!今回のテーマは“犬を飼育するうえでのマナー”についてです。

犬を飼育するならこんなことに気をつけるべき!こういうことを気にしましょう!ということを紹介していこうと思います♪

そもそも“マナー”って?

「周りの人への気遣い・配慮」

マナーとは「相手に対する行儀や作法、礼儀」といった意味を持ちます。簡単に言えば「周りの人への気遣い・配慮」というところでしょう。違反したからと言って特に咎められる罰則などもありません。しかし、マナー違反をすれば周りの人へ迷惑がかかる、悪い影響を及ぼすのも事実です。

犬が嫌いな人=全体の3割

世の中には犬が好きな人ばかりではなく、犬がな苦手・嫌いな人が全体の3割程いると言われています。この人たちにとってはどんなに可愛い小型犬でも怖かったり、嫌だったりします。この人たちへの気遣い・配慮ができればマナーをしっかり守れているでしょう!

PETFORESTは“ペットと人の共存共生を願い、思いやりのある豊かな社会作り”を目指しています!マナーをしっかり守ってお手本となる飼い主を目指しましょう!

他人に対するマナー

攻撃させない

犬が好き・嫌いに関わらず、攻撃されることを喜ぶ人はまずいません。何より咬傷事故は大きな問題に発展する場合もあります。

しかし“人が嫌いな犬”がいるのもまた事実です。飼い主として自分の犬の性格を把握し、時には「かわいい~♪」と近寄られても「ウチの子は人が苦手なので」とお断りすることも大事です。

吠え続けさせない

こちらも相手に関わらず喜ぶ人は少ないです。犬に吠えかかればケンカの原因になることも。

たまに我を忘れて吠えている犬もいますが、抱っこしてしまったり目線の向きを変えるだけで吠え止むことが多いので、予め吠える対象が何なのか見極めておきましょう。

飛びつかせない

犬に飛びつかれて喜ぶ人もいますが、そうじゃない人も多いです。また、今は飛びついて欲しくないという時もあります。キレイなお気に入りの洋服に泥つきの足跡が残るのは誰だって嫌ですよね。常に飛びつかせるのではなく、飼い主が飛びつきを管理しましょう!

お散歩時のマナー

リードの装着

ノーリードでのお散歩やお出かけはマナー違反なだけではなく条例違反となります。日本でリードを外して良い公共な場所は“ドッグラン”のみです。誰もいないからと言って公園や広場でリードを外すのはやめましょう!伸縮性のあるリードやロングリードの使用をオススメします!

またリードが長い状態でお散歩していると、とっさのことに対応しにくいものです。普段からリードは短く持ち、犬との距離を縮めておきましょう。

ウンチ・オシッコの処理

ウンチは持ち帰りです!ビニール袋などに入れて家で処理しましょう。埋めたり放置することは厳禁です!

オシッコも放置ではなく、水をかけましょう。それだけでも周りの嫌な気持ちを軽くできます。

マナーベルトの装着

男の子のマーキングはクセになってしまうと直すのは難しいものです。気付いたら既にやってるということもしばしば。そんな時は事前にマナーベルトを装着しておきましょう!他の人のお家、お店、電柱や木など、マーキング対策も重要なマナーです!

お散歩バッグの用意

ウンチ袋、水、長いリードとこれだけでも結構な荷物。手ぶらでお散歩に行かず、これらをまとめたお散歩バッグを1つ用意しましょう。バッグを持つことでマナーの良さのアピールにも繋がります。

お散歩バックの例

お散歩バックの例
マット、ウンチ袋、水、伸縮性のリード

犬から目を離さない

散歩中に知り合いと話し込む。よくある光景ですね。しかし犬を連れていることも忘れずに!犬の事故の大半は飼い主の注意不足が原因です。話が長くなるならば犬を抱っこしたり、しゃがんで両手で包みこんでしまいましょう。犬から目を離さないことが事故予防の第1歩です!

迷子札の装着

何かの拍子に犬が逃げ出した!そんな時の為にも迷子札はつけておきましょう。万が一のときでもお家に帰れる可能性がグンと上がります!

夜のお散歩

夜のお散歩は危険がいっぱいです!リードや犬の洋服に反射材が使われているものや首輪にライトを取りつけることはとても良いと思います。忘れがちなのは飼い主さん。飼い主さんも反射材を活用したり、明るい色の洋服を着てお散歩しましょう。

夜のお散歩グッズ

夜のお散歩グッズ

公共の場所でのマナー(カフェなど)

足もとで落ち着いていられる

カフェなどでは静かにゆっくりしたいもの。それは誰でも同じです。犬を連れていないお客様も訪れます。そんな空間で吠えたてる犬はどう見えるでしょうか。

犬が足もとで長時間落ち着いていられないようなら事前の練習が必要です!しっかり練習を積んでからゆっくり過ごしましょう。

抜け毛飛散防止

犬の毛は意外と高くまで舞いあがるもの。誰だって犬の毛が入った食事は嫌なものです。お店にもご迷惑をかけてしまうでしょう。

洋服を着せることで抜け毛の飛散量はかなり下がります。洋服はオシャレにもなって一石二鳥です!

テーブルやイスの上に乗らない

犬は地面を直に歩きます。テーブルやイスの上に靴で上がるのは誰だって嫌ですよね。人間用の食事を誤って食べてしまう事故を防ぐためにも、食事の際は足もとで落ち着かせましょう。

足の土を落とす

キレイな店内に足跡が!そんなことにならないようにお店に入る前に土や泥を落としましょう。ウェットティッシュで拭くだけで全然違います!

カフェマットの活用カフェマットの活用

カフェマットは抜け毛の飛散防止、犬自身や床が汚れることを防止するなど良いことづくしです!それにマットの上で落ち着いている犬は見た目もGood♪日頃から練習してカフェマットを活用しましょう!

マナーを守ってお手本に!

これで全てではない

考え得るマナーの例をいろいろ挙げてきましたが、決してこれで全てではありません。例え犬のウンチを持ち帰らなくとも逮捕されることはないでしょう。しかし、そのことで誰かが迷惑を被ったり、嫌な気持ちになるでしょう。

相手の立場になって考える

常に相手の立場に立って考え、自分でマナーを考えられるようになりましょう!そして「ペットと人との共存共生」がうまくいくよう、みんなのお手本となるような飼い主を目指しましょう♪

今回のテーマは当たり前のことと言えば当たり前のことですし、他にもたくさん考えられると思います。しかし実際に犬を連れてみると、手間がかかってできないことが多いです。マナーを守ることで事故を未然に防いだり、犬を危険から守れることにも繋がりますので、是非ともマナーの良いお手本となるような飼い主を目指してください♪

戻る

ペットをさがす

性別
品種
店舗
  • 検索
  • 全表示

採用情報 一緒にお店を 盛り上げませんか?

店舗物件情報

ショップガイド SHOP GUIDE ペットフォレスト 店舗一覧

PF+Cセンター南店
☎ 045-482-7785
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東3-1-26
PF+C 町田金森店
☎ 042-706-8156
東京都町田市金森3丁目36番
横浜永田台店
☎ 045-315-3550
神奈川県横浜市南区永田台1番2号
鷺沼店
☎ 044-856-1500
〒 216-0003 神奈川県川崎市宮前区有馬8-7-11
ひばりが丘店
☎ 042-425-5192
〒2020001 東京都西東京市ひばりヶ丘1-1-1パルコ4F
新百合ヶ丘店
☎ 044-965-8255
〒 2150021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-1-1新百合ヶ丘OPA5F
聖蹟桜ヶ丘店
☎ 042-357-3200
〒 2060011 東京都多摩市関戸4-72聖蹟桜ヶ丘オーパ3F
町田多摩境店
☎ 042-775-6781
〒 1940215 東京都町田市小山ヶ丘3-22-20
小田原店
☎ 0465-46-1113(犬猫館・鳥小動物館)
〒 2500872 神奈川県小田原市中里313-12ダイナシティーウォーク内
藤沢店
☎ 0466-31-6330
〒 2510042 神奈川県藤沢市辻堂新町4-1-1湘南モールフィル2F
あざみ野店
☎ 045-905-2101
〒 2250011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-25-3
湘南平塚店
☎ 0463-51-4110
〒 2540013 神奈川県平塚市田村5-3-6
宇都宮インターパーク店
☎ 028-657-5650
〒 3210118 栃木県宇都宮市インターパーク4-1-2カトレアガーデン内
武蔵藤沢店
☎ 04-2901-2577
〒 3580012 埼玉県入間市東藤沢3-4-5 グリーンガーデン武蔵藤沢F棟
鶴川店
☎ 042-708-0210
〒 1950057 東京都町田市真光寺2-32-1
小金井店
☎ 042-382-3050
〒 1840004 東京都小金井市本町4丁目1-7
緑園都市店
☎ 045-815-2330
〒 2450002 神奈川県横浜市泉区緑園7丁目1-4
アメリア町田根岸店
☎ 042-789-7133
〒 1940034 東京都町田市根岸2-18-1
若葉台店
☎ 042-350-8331
東京都稲城市若葉台1-55
各務原イオンタウン店
☎ 058-380-5100
〒504-0832 岐阜県各務原市蘇原花園町2-35
美濃加茂店
☎ 0574-23-0050
〒 5050036 岐阜県美濃加茂市山手町1-127